仕事場へ復職した時の働き方

何とかうつ病の症状が落ち着き、仕事に復職することになったらうれしいですよね。

さあ頑張ろうと張り切るのはわかりますが、復職直後は注意することがあります。

それを挙げておきますので参考にしてくださいね。

●時短勤務を選択

復職してすぐにフルタイム勤務をするのは大変です。

やはり疲労しやすいですし、また症状がぶり返す恐れがあります。

周囲の理解を得て、復職してすぐの間は時短勤務をさせてもらうようにしましょう。

体を徐々に慣れさせていくことが大切なのです。

●だいたい3か月くらいかけて復帰

復職に失敗してまた休職することになったという話をよく耳にします。

早く戻りたいと焦る気持ちはわかりますが、うつ病から復職する場合は3か月くらいかけてゆっくりとすることが大切です。

最初の1か月くらいは、午後3時くらいまでの勤務にしてもらい、2か月めからはフルタイムにします。

しかし残業などは無しです。

3か月経って体に何も異変が起こらなければ残業も少しずつして大丈夫です。

それでも週に1度か2度にしておきましょう。

●周囲との距離は気にしない

何日か休職した後の復帰後は、周囲との距離を感じるかもしれません。

しかしこれは仕方がないことなので、いちいち気にしていてはまた病気が復活してしまいます。

気になるのはほんの短い期間だけです。

だんだん元気になって仕事をこなしていく姿を周囲が見れば、その距離は徐々に縮まっていくはずです。

うつ病を克服することが一番なので、周囲のことは気にしないことです。

再発防止のため、自分の生活習慣を見直しましょう。

◇こちらのサイトを参考にしてはいかがでしょう?・・・うつ病にならないための5つのポイント

Comments are closed.