うつ病でも仕事はできる?

うつ病と診断されたら、まずは休養することを考えます。

仕事をしているならしばらく有給で休むとか、あるいは休職する人もいます。

しかし比較的症状が軽い初期の場合は、仕事をしながらでも克服することができます。

●仕事ができる状態とは

うつ病で仕事ができる状態というのはどんな時なのでしょう。

うつ病には段階があって、病初期であればうつ症状は軽く、この段階で気づいて改善できれば仕事は休まなくても大丈夫のようです。

うつ病は病初期、底期、回復期、リハビリ期という段階を経て回復していきます。

一番症状が重い底期以外であればうつ病と仕事の両立は可能だと言われています。

●どのくらいで克服できるか

うつ病と仕事を両立させていて、どれくらいの期間で病気を克服できるのかが気になりますね。

うつ病と診断されてから仕事をしていて、初めのころはやはり仕事でミスをしたら体調が悪くなったりすることがあるようです。

それでも仕事を続けていくうちに、うつ症状により仕事が辛くなるのはある程度予測できますから、病院に行ってから出勤するなど工夫しましょう。

人にもよりますが、だいたい1年くらいで症状が出なくなるようです。

●無理はしないこと

うつ病と戦いながら仕事をする場合は、疲労を溜めないことが一番です。

責任感が強い人がうつ病になりやすいです。

同僚が困っていたら助けたいと思うかもしれませんが、ここは自分を優先して休むようにしましょう。

せっかく良くなってきているのに、無理をしたことで悪化しては何もなりません。

治ってから思い切り仕事をすれば良いのです。

Comments are closed.